北欧視察旅行記 ~フィンランドからスウェーデンへ移動編~

フィンランドのヘルシンキでの視察を終えて、

 

次に向かうのはスウェーデンのストックホルムです。

 

毎年2月に行われる、【ストックホルム家具見本市】を訪れるためです。

 

ヘルシンキからストックホルムへの移動は今回フェリーを利用しました。

 

【タリンクシリヤライン】というフェリーですが、

 

ストックホルムを起点にラトビア、エストニア、フィンランドなどへバルト海の航路があります。

 

このフェリーがとても便利で、

 

夕方5時にヘルシンキを出港し、翌朝10時にストックホルムに着くので、

 

ヘルシンキでの滞在をギリギリまで楽しむことができます。

 

そして寝ている間にストックホルムに着くというわけです。

 

ヘルシンキでこのフェリーに乗船する港は

 

市内からトラムで15分ほどのとてもアクセスが良いところにあります。

 

私たちが到着したのは3時半くらいでしたが、

 

既にたくさんのお客さんが乗船を待っていました。

 

 

日本語の公式サイトから予約と支払いを済ませていたので、

 

チェックインは部屋のカギを貰うだけでとてもスムーズです。1分ほどで終わってしましました。

 

そしていよいよ乗船です。

 

 

私たちの乗船したシリヤセレナーデ号。

 

全長203メートル、内部は14階層もある大きなフェリーです。

 

 

船内中央のプロムナードには両サイドにレストランやお土産屋さんが並んでいます。

 

まるで小さな町のようですね。

 

私たちの部屋は9Fの海を眺めることができる2人部屋でした。

 

コンパクトですが、必要十分な設備(シャワー・トイレ)が整っていました。

 

こんな大きな船なので、

 

荷物を部屋に置いたら船内探検に出かけました。

 

 

船内にはいたるところに海を眺めるスペースが設けられています。

 

プロムナードではジャズの生演奏が行われていました。

 

 

クラシカルで落ち着いた雰囲気のレストランやカフェも何軒かありました。

 

 

そして、カジノとスロットマシーンもありました。

 

けっこう夜遅くまでみなさん遊んでいらっしゃいました。

 

 

そうこうしている間に5時となり、ストックホルムへ向けて出港します。海凍ちゃってますが。

 

さようならヘルシンキ。

 

 

 

デッキからだんだん離れていく美しい街並みを眺めていましたが、

 

寒すぎてすぐに船内に戻りました。

 

 

そしてすぐに夕食の時間です。

 

私たちは乗船の予約の際に併せてビュッフェの予約をしましたが、

 

プロムナード沿いのレストランやカフェで食事することも可能です。

 

 

ビュッフェは種類も豊富で、サーモンやニシンなど北欧らしいお料理もあり、

 

充実した食事をすることができました。

 

 

食事が終わると、皆さんカジノやバーやプールやサウナで

 

遅くまで楽しんで過ごすようですが、

 

私たちは旅の疲れもあり、すぐに眠ってしまいました。

 

朝目が覚めて窓の外を見ると素晴らしい景色が広がっていました。

 

 

バルト海の無数の島々の間を静かに抜けていくフェリー。

 

太陽が昇るにつれて表情を変えていく雪を纏った島々はとても美しかったです。

 

 

こんな景色を見ながら朝食をいただいたら、

 

いよいよストックホルムに到着です。

 

このフェリーでの旅は

 

時間も有効に使えますし、

 

飛行機での移動+宿泊費よりもリーズナブルですのでおすすめです。

 

そしてなにより、北欧での船旅という特別な体験をすることができます。

 

私たちは極寒の真冬に訪れましたが、夏も最高でしょうね。

 

 

北欧視察旅行記 ~フィンランド編~

北欧3ヶ国(フィンランド、スウェーデン、デンマーク)に視察に行かせていただきました。

 

その様子を記録したいと思います。

 

飛行機に関しては、いちばん価格が安かった、オランダのKLMを利用しました。

 

成田からアムステルダムを経由して、

 

フィンランドのヘルシンキ・ヴァンター国際空港に着いたのは夜の12時でした。

 

ホテルのあるヘルシンキ市内へバスで移動しました。

 

空港から市内へはバスで約30分ほど。

 

フィンエアーが運営する直通バスですので迷う事もなくヘルシンキ中央駅までアクセスすることができます。

詳細な情報は下記リンクより確認していただくことができます。

https://www.finnair.com/jp/jp/information-services/at-the-airport/transportation

 

 

 

極寒&積雪のなかスーツケースを引きずってホテルまで向かいました。

 

 

 

今回ヘルシンキで利用するホテル【Helka(ヘルカ)】に到着です。

 

 

リーズナブルですが、立地もよく快適に過ごすことができました。

 

そして何より、このホテルを選んだいちばんの理由は

 

フィンランドが生んだ20世紀を代表する建築家アルヴァ・アールトのデザインした家具が

 

共用部や個室に使われているためです。

 

 

シンプルで実用的な北欧家具のデザインはやっぱり素敵ですね。

 

とても勉強になりました。

 

2日目は

 

おいしい朝食をいただいて、市内へ視察に出かけました。

 

 

 

ヘルシンキ市内はトラムやバスや地下鉄などの

 

交通網が充実しており、移動にはとても便利でした。

 

 

ヘルシンキ市内には、

 

セカンドハンド(中古)の家具や雑貨のショップも多く

 

フィンランドを代表するテーブルウェアのIITTALA(イッタラ)やARABIA(アラビア)の

 

ビンテージ製品などを良く目にしました。

 

良いものを長く使う文化が根付いているため、こういったセカンドハンドの店舗が多いそうです。

 

 

 

 

フィンランドを代表する家具メーカーのArtek(アルテック)にも伺いました。

 

フィンランドの巨匠達や、世界中の建築家・デザイナーが手がけた商品の数々は

 

飾らずとも、質の高いデザインであることがハッキリと感じられます。

 

 

ヘルシンキ・デザイン・ミュージアムとそのお隣のフィンランド建築美術館にも足を運びました。

 

どちらの美術館も、

 

デザインや設計の成果物のみではなくそのプロセスまでも

 

展示・説明されているのが興味深く感じました。

 

 

北欧らしい色鮮やかなファブリックと

 

伝統的な家具の組み合わせがとても印象的でした。

 

 

 

とても凝った木工のディティール。

 

 

短い夏を待ち焦がれ、

 

生活の中に彩りを取り入れながら厳しい冬を過ごす。

 

華やかだけど、慎ましい北欧のデザインが生まれる背景を感じることができました。

 

 

私たちは1日中歩き回ってクタクタでしたが、

 

現地の子供たちは

 

夜遅くまで公園でスケートやソリをして遊んでいました。楽しそう。

 

次回はスウェーデン、ストックホルムまで移動です!

 

 

隠れた人気商品 Side Table PANIE

NOWHERE LIKE HOMEの

 

隠れた人気商品「Side Table PANIE (パニエ)」。

 

お手頃な価格ながらも、

 

ブラックのワイヤーバスケットにウォールナット材の天板を組み合わせた

 

特徴的なデザインで、

 

お部屋の印象をパッと明るく変えてくれます。

 

大小2サイズから選ぶことができるので、ディスプレイを兼ねて色んな物を収納できます。

 

取り外し式の天板はトレーとしても活用できます。

 

アイデア次第で色んな使い方ができるのがこの商品の一番の魅力です。

 

 

最もベーシックな使い方。ソファのサイドに置いて、

 

サイドテーブル兼収納スペースとして。ブランケットやクッションや雑誌を収納できます。

 

 

蓋は取り外すことができるので、ソファの上などでトレーとして使うことができます。

 

次はベッドルームでの活用法

 

 

読みかけの本や、毛布などの収納として。

 

次は、洗面・脱衣場での活用例。

 

 

タオルや、着替え用衣類などを収納するのもよさそうです。

 

シンプルなデザインはどんなシーンにも溶け込んで、

 

それでいて空間に少しアクセントを与えてくれます。

 

まだまだ活用のバリエーションはありそうなので、

 

思いついたらご紹介させていただきます。

Side Table PANIE

 

New Item

オーク材ホワイトウォッシュ仕上げのダイニング新商品をUPしました。

Dining Table BAKKEN
Dining Chair BAKKEN
Bench BAKKEN

New Item

オーク材の新商品をUPしました。

Sofa BAKKEN
Center Table BAKKEN
TV Board BAKKEN
Sofa KIRUNA
Center Table KIRUNA
TV Board KIRUNA

WEB Site Open

image_5

WEB サイトがオープンしました。